痩せ型だった人ほど危ない脂肪がある
ホーム > 痩せ型だった人ほど危ない脂肪がある

痩せ型だった人ほど危ない脂肪がある

2018年02月09日(金)9:38 AM

【痩せ型だった人ほど危ない脂肪がある!】

みなさん、脂肪には3種類あるのはご存知ですか?
また、これらの3種類の脂肪の中にも、病気リスクの高い脂肪とそうでない脂肪があるんです。

皮下脂肪(特に女性につきやすい)は見た目は太って見えますが、
比較的病気などになりにくいんですが、

更年期を過ぎる頃になると、内臓脂肪が女性でも多くつきます。
内臓脂肪も、急激に落とすとちょっと危険っ!

でも実は、もっと危険な脂肪があるんです!

あまり聞きなれないかもしれないのですが、
「異所性脂肪」というもの!

 

この3つの脂肪の違いをちょっとおさらいしましょう。
皮下脂肪は女性につきやすく、その名の通り皮膚の下につくものです。クッションになったり、子宮を守ったりもしますね。疾病リスクは少ないです。

内臓脂肪は男性につきやすいのですが、更年期を迎えた女性もつきやすくなります。腸間膜というものの下につくもので、皮下脂肪との違いとしては、胃の上あたりからパンっと張った感じにつくものです。

内臓脂肪の方が比較的落としやすいんですが、
代謝される時に血中に脂肪が流れることで、一気に落とすと疾病リスクが伴うのです。

 

そして
異所性脂肪!これは、内臓そのものに付着する!
皮下脂肪も、内臓脂肪も脂肪滴という復路に覆われているのですが、異所性脂肪だけは、直接内臓に付着するので、
心臓に付着すると、心臓の働きが悪化。
肝臓に付着すると、脂肪肝になりやすい。
膵臓に付着すると、インスリンの分泌に異常をきたし糖尿病を誘発するとも言われます。

 

おっかなーいっ!
ちなみに、この異所性脂肪は
皮下脂肪や、内臓脂肪の脂肪細胞に空きスペースがないと
異所性脂肪となるので、
まさかまさかの、脂肪細胞の数が比較的少ない人ほど付きやすく
疾病リスクも上がるというわけ。

 

幼少期から太っているタイプの人は、
元々の脂肪細胞が多いので、異所性脂肪にはなりにくいのですが
成人してから急激に太ったりした人は気をつけてくださいね〜汗

つまり、痩せ型だった人が急激に太った入りする場合に起こりやすいと言えます。
皮下脂肪でとどまる状態よりも、実は体内では内臓脂肪や異所性脂肪の方が怖いと言えるんです。


「私は痩せ型だったから、大丈夫」なんて思っている人ほど気をつけてもらいたいですね(^ ^)

 

ヨガトレ体験コース

お問い合わせはこちら>>>

Line@からもご予約が可能になりました!

【LINE@登録】
Line@登録はこちらから
↓↓↓↓

友だち追加

ID:@uhk7532o  (ID検索もできます)
         ↑※最後の文字は小文字のoです

***************

「リバウンドしない体づくり」
ダイエット専門エステサロンCinderella(シンデレラ)

茅ヶ崎市中島1211ysビル102
0467-84-8494



«   |   »

過去の記事